発達障害
発達障害,特徴成長段階別発達障害の特徴

乳幼児期の発達障害

乳幼児期の発達障害

発達障害

早期発見に努めたい乳幼児期子供の発達はそれぞれであり、個人差がかなりあります。
しかし、「ただ発達が遅いだけ」と放っておいては、発達障害に気付かず、適切なサポートができない場合もあります。
「どうしてできないの?」と、叱ることが子供を傷つけてしまうこともあり、早期発見が必要なのです。

このページでは、発達障害の年齢ごとによくみられる症状を紹介していますが、発達障害には、さまざまな症状があり、ここで紹介する症状だけではないのでご注意ください。

0〜2歳児の発達障害の特徴

乳幼児期に頻発する症状発達障害のライフステージごとの特徴を確認することが必要です。
安易に発達障害だと決め付けることは良くありませんが、早期発見はとても大切なのです。

指差しをしない

しっかり言葉で伝えられるようになるまでは、(取ってもらいたいものなどに)指をさして要求を伝えますが、指差しをせず、人の手をつかんで(物を取らせようとするなど)何かをさせようとします。(クレーン現象)

視線が合わない

声をかけても視線を合わせようとしません。
また、歩けるようになると、うろうろしながら横目で見たりもします。

抱っこしにくい

抱っこをすると後ろへのけぞってしまったりします。
触られることを嫌がったりします。

1人でよく遊ぶ

手がかからないと感じる親も多いです。

偏食

こだわりの一つであり、決まったものしか食べてくれません。

言葉の発達が遅い

聴こえてくる言葉に反応を示さないけれど言葉以外の音に反応する場合や、言葉を理解しているけれど発語がうまくできない場合があります。

歩くのが遅い

一般的に1歳頃から赤ちゃんは歩けるようになりますが、歩けるようになるのが遅かったり、歩けるようになってもぎこちない場合があります。

人見知りがない

人見知りや後追いがみられるような時期になってもみられず、親以外の人でも親と同じような対応をするため、人なつっこいイメージを持たれる場合もあります。

3〜6歳の発達障害の特徴

発達障害と診断されるのは3歳以降が最も多く、特徴的な行動や発達の遅れが目立ち始める時期です。
この幼児期になると、検診などで指摘されるケースも少なくありません。

偏食がひどい

こだわりの一つであり、同じ食べ物でも同じメーカーのものでなければ食べないというような強いこだわりをみせる場合もあります。

言葉の発達が遅い

3歳を過ぎてもほとんど言葉が出なかったり、単語を言えるけれど会話が出来ない場合があります。
また、言われた言葉をそのまま返す「オウム返し」もみられるケースが多いです。

3歳くらいまで順調に言葉の発達をみせていたのに、急に何も話さなくなる場合もあります。

こだわり

限られたものに興味を持ち執着します。
くるくる回るものに興味を示してミニカーなどをひっくり返してタイヤを回して遊んだり、本をめくって動きをずっと見ていたりします。

パニック

不安を感じたりしたときに、泣き叫んだり、暴れたりします。
床などに寝転がって激しく暴れることもあります。

動き回る

目的もなくひたすら走り続けたり、とにかくじっとしていられないケースが多いです。

チックの症状がある

チックの症状には、瞬き(回数がとても多い)・首振り・肩上げなどがあり、鼻鳴らしや咳払いなどの症状がある音声チックもあります。

【発達障害療育の糸口】コンテンツ分類
  • 【発達障害について】特徴や診断方法、知的障害との違いに支援法などを確認
  • 【広汎性発達障害】自閉症・アスペルガー症候群・トゥレット症候群の症状や診断・治療法
  • 【学習障害(LD)】「話す聞く・読み書き」特定の能力に現れる障害の症状と診断・チェック方法
  • 【注意欠陥多動性障害(ADHD)】誤解されやすい症状の種類や特徴、障害を見極める方法をご紹介
  • 【成長段階別発達障害の特徴】年齢に応じた症状や特徴を確認!
  • 【発達障害に気付いたら…】児童相談所や発達障害者支援センターの利用法と診断・治療の内容
  • 【発達障害コラム】ペアレントトレーニングの効果/統合失調症の症状と特徴
【発達障害療育の糸口】コンテンツメニュー
  • 乳幼児期の発達障害 - 言葉の遅れ・指差し・運動などの特徴 | 発達障害療育の糸口
  • どこに相談したら良い? - 発達障害者支援センター・児童相談所 | 発達障害療育の糸口
注目記事(発達障害療育の糸口)ランキング