発達障害
知的障害発達障害について

発達障害と知的障害の違い

発達障害と知的障害の違い

発達障害

発達障害と知的障害の違いとは?発達障害には知的障害が合併している場合と、知的障害がない場合があります。
発達障害と知的障害はどのような違いがあるのでしょうか。

知的障害とは?

知的障害の定義知的障害は、法律による定義はありませんが、知的能力に障害があり、何らかの支援が必要であることとされています。
また、その知的な障害のほとんどが発達期(18歳未満)で生じるとされています。
また、知能障害も知的障害と同じ意味で使われています。

知的障害の度合い

知的障害は度合いによって、重度・中度・軽度に分けられます。

知能指数(IQ) =
精神年齢(発達年齢) ÷ 生活年齢(実年齢) × 100

上記の式により、精神年齢(発達年齢)と生活年齢(実年齢)の比率をパーセンテージで算出し、50〜70%は軽度知的障害、35〜50%は中度、20〜35%は重度、20%以下が最重度と分類されます。
また、知能指数が70〜85%の場合はボーダーラインであり、知的障害と認定されない場合が多いです。

軽度の知的障害では、障害があることが見ただけではわかりにくいこともあるようです。

知的障害の原因

知的障害の約8割が原因は明らかではないとされています。
軽度の知的障害のほとんどがこれに当たり、原因不明です。残りの2割は、染色体の異常などの先天性の知的障害や出産時の酸素不足やトラブル、乳幼児期の高熱などが原因となっています。

発達障害と知的障害の違いは?

発達障害は脳機能の障害が原因となっています。
そのため、自閉症の場合は知的障害を伴う場合もあります。
つまり、知的障害は発達障害の一つであると言えるでしょう。

知的障害の診断は、知能テストなどで測定される「知的能力」と、社会生活を営むために必要な行動をとる力「適応能力」を元にします。
また、発達障害は、「コミュニケーション能力」や「適応能力」などで診断します。知的障害と発達障害の診断では、重なる部分もあるのです。

自閉症と知的障害

自閉症と知的障害には、似たような症状があり、自閉症にも知的障害がある場合もあります。
自閉症の症状があり、知的障害の症状も顕著な場合、知的障害者として認定される場合が多いです。

知的障害をともなう自閉症でも、軽度の知的障害など知的障害が目立たない場合には、知的障害者として認定されません。

学習障害と知的障害

知的障害と学習障害にも、似ている症状がありますが、知能指数(IQ)が70以上で学習障害の症状がある場合には学習障害と診断され、70以下の場合には知的障害と診断されます。
知的障害は学習面も含めた全面的な知能の発達に遅れがあり、学習障害は特定の学習に困難を生じます。

知的障害者認定とは?

知的障害者として認定されると、療育手帳が交付されます。療育手帳には、知的障害の程度によってA・Bのどちらかが記載されます。
最重度・重度の場合はA、中度・軽度の場合はBと記載されます。

また、知的障害者認定を受けると、障害年金や特別障害者手当などの制度が受けられる場合もあります。

【発達障害療育の糸口】コンテンツ分類
  • 【発達障害について】特徴や診断方法、知的障害との違いに支援法などを確認
  • 【広汎性発達障害】自閉症・アスペルガー症候群・トゥレット症候群の症状や診断・治療法
  • 【学習障害(LD)】「話す聞く・読み書き」特定の能力に現れる障害の症状と診断・チェック方法
  • 【注意欠陥多動性障害(ADHD)】誤解されやすい症状の種類や特徴、障害を見極める方法をご紹介
  • 【成長段階別発達障害の特徴】年齢に応じた症状や特徴を確認!
  • 【発達障害に気付いたら…】児童相談所や発達障害者支援センターの利用法と診断・治療の内容
  • 【発達障害コラム】ペアレントトレーニングの効果/統合失調症の症状と特徴
【発達障害療育の糸口】コンテンツメニュー
当サイトへ広告掲載ご希望の方