発達障害療育の糸口
発達障害について
発達障害について
【発達障害について】特徴や診断方法、知的障害との違いに支援法などを確認発達障害とはどのような病気なのか、種類・症状や特徴、診断方法などを解説。支援法についても把握しておきましょう。
発達障害について カテゴリ一覧へ >>
広汎性発達障害
広汎性発達障害
【広汎性発達障害】自閉症・アスペルガー症候群・トゥレット症候群の症状や診断・治療法広汎性発達障害として自閉症・アスペルガー症候群、トゥレット症候群について症状や治療法を確認しましょう。
広汎性発達障害 カテゴリ一覧へ >>
学習障害(LD)
学習障害(LD)
【学習障害(LD)】「話す聞く・読み書き」特定の能力に現れる障害の症状と診断・チェック方法普段の生活に影響が少ない学習障害は気付いてあげるのに時間がかかってしまうことが多くなります。
学習障害(LD) カテゴリ一覧へ >>
注意欠陥多動性障害(ADHD)
注意欠陥多動性障害(ADHD)
【注意欠陥多動性障害(ADHD)】誤解されやすい症状の種類や特徴、障害を見極める方法をご紹介あまりにも落ち着きが無い子は注意欠陥多動性障害の可能性が!?症状を確認しましょう。
注意欠陥多動性障害(ADHD) カテゴリ一覧へ >>
成長段階別発達障害の特徴
成長段階別発達障害の特徴
【成長段階別発達障害の特徴】年齢に応じた症状や特徴を確認!発達障害は成長と共に症状が軽減することもあります。それぞれの年代の症状の違い、年齢に応じた問題をご紹介します。
成長段階別発達障害の特徴 カテゴリ一覧へ >>
発達障害に気付いたら・・・
発達障害に気付いたら・・・
【発達障害に気付いたら…】児童相談所や発達障害者支援センターの利用法と診断・治療の内容自分の子供が発達障害かも?と思ったら…支援センターや病院について、また治療における療法や訓練法をご紹介。
発達障害に気付いたら・・・ カテゴリ一覧へ >>
発達障害コラム
発達障害コラム
【発達障害コラム】ペアレントトレーニングの効果/統合失調症の症状と特徴発達障害でもしつけは大切!症状に応じた適切なしつけ方、また誤診されやすい統合失調症についてもご紹介します。
発達障害コラム カテゴリ一覧へ >>

発達障害

発達障害

発達障害は身近な病気発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群などの広汎性発達障害(PDD)、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などがあります。しかし、発達障害は診断名は同じであっても症状はさまざま。年齢や発達の度合いや環境などによって症状が異なり、複数の発達障害を持ち合わせている場合も少なくありません。
発達障害は、発達障害者支援法によって障害の種類ごとに定義づけされていますが、全てが定義の通りとは限らないのです。

発達障害のある人は、健常者が当たり前と感じていることに困難を示してしまいます。
そのことで周囲に誤解され、悩んだり、困ったりすることもあります。
周囲の対応によって、症状が悪化してしまうこともあるのです。
障害があっても、その人らしく生きるには周囲の適切な対応や理解が必要です。

発達障害の認識不足から、障害に気付かない場合もあります。
「近くに発達障害の人はいない」と思っている人も、実は気付いていないだけで、発達障害を持つ人は身近にいるかもしれません。
障害を知っていても不適切な対応では、本人や家族を傷つけてしまいます。正しい知識と理解が誰にでも必要なのです。

発達障害を持つ人は少なくありません

実は1割の子供が発達障害かも!?発達障害を持つ人が、周囲にいる人もいれば、全く関わったことがない人もいるかもしれません。
しかし、平成14年度の文部科学省の調査では、通常学級に在籍する学習障害・注意多動性障害などの子供の割合は6.3%とされています。
30人の学級に、知的な障害はなくても、特別な支援を必要とする発達障害を持つ児童は1〜2人いるということになります。

しかし、発達障害は気付きにくく、「落ち着かない子」「こだわりのある子」「話を聞けない子」などとその子の個性と捉えてしまい、病院で診断を受けずに、発達障害に気付かずにいる人も多いようです。
発達障害の診断を受けるのは、親の判断によるのです。
そのため、大人になって発達障害に気付く人も増えています。

発達障害は診断が難しく、人権の問題もあるため、発達障害を持つ人の数は正確にはわかっていません。
しかし、実際は通常の学級に通う児童の約10%が発達障害を抱えているのではないかとも言われています。

早期発見の重要性

早く気付いてあげることが大切発達障害の早期発見・早期支援・早期療育に向けた取り組みがなされています。
先に説明したように、発達障害は気付きにくい場合もあります。子供に障害があることを認めたくないという親の気持ちから、診断が遅くなってしまう場合もあるのだそうです。

早期発見により、早い時期から専門的な療育を受け、周囲が適切な支援をすることは、その子の発育に良い影響を与え、とても重要なことだとされています。

さらに早期発見はその子の心の面でも大切であると言えるでしょう。
みんなが出来る事でも、発達障害があるために、なかなかできない場合もあります。
そのような場面で、適切な対応や支援がなければ、その子の自信を失うことにつながり、ストレスを溜める原因になってしまうのです。

  • 乳幼児期の発達障害 - 言葉の遅れ・指差し・運動などの特徴 | 発達障害療育の糸口
  • どこに相談したら良い? - 発達障害者支援センター・児童相談所 | 発達障害療育の糸口
発達障害療育の糸口-注目記事ランキング
学習塾Leaf(リーフ)